「頑張ります」の別表現は?上司への使用方法や誤用例も解説!

「頑張ります」という言葉は、前向きで日常的に多くの人がよく使います。しかし、ビジネスの場面で上司や目上の人に対して使うのは適切でしょうか?社会人として、適切な言い換えを身につけることが重要です。

この記事では、「頑張ります」のビジネスシーンでの適切な言い換えや、間違った使い方について詳しく解説します。参考にして、さまざまな状況で適切に使い分けられるようになりましょう。

「頑張ります」は何を表す

日常的に使われる「頑張ります」とは、どのような意味を持つのでしょうか。その意味を詳しく見ていきましょう。

意味

「頑張ります」は「頑張る」の丁寧な表現です。「困難に負けずにやり抜く」「忍耐強く努力する」といった意味を持ちます。

諸説ありますが、この言葉の語源は「我(が)を張(は)る」に由来すると言われており、当初は「自己中心的」という軽蔑的な意味で使われていたそうです。

しかし、時代の変化とともに、「頑張る」という言葉の意味も変わり、現在では自身の決意や努力を表す前向きな言葉として使われるようになっています。

『頑張ります』の例文

それでは、「頑張ります」がどのように使用されるか、日常会話、就職活動、ビジネスの各場面ごとの例文を見ていきます。

日常会話

【例文】

・将来看護師になるために、一生懸命勉強を頑張ります。

・気が進まないけれど、とりあえず頑張ります。

このように同じ表現を使用していても、文脈によってトーンが異なります。目標に向かって取り組む姿勢が明確な言い方と、決意のトーンが低い言い方とでは、受ける印象が変わりますね。

履歴書

【例文】

・国際的な活動を行っておられる貴社で、私の英語力を活かして新しい挑戦をし続ける気持を持って頑張っていきたいと思っております。

・一日でも早くスキルを習得し、貴社に貢献できるように頑張っていきたいと考えています。

就職活動の第一ステップである履歴書には、自己PRを書く欄があります。これまでに取り組んできたことを記載するだけでなく、これからの目標や意気込みを伝える重要な項目です。

文章の最後の言葉を「頑張ります」にして終わらせないように注意しましょう。

面接

【例文】

・一日でも早く即戦力として貢献できるよう、努力したいと考えております。
・1日も早く即戦力としてお役に立てるよう、頑張りたいと考えております。

・これまでの経験を活かして、貴社においても貢献できるよう尽力したいと思います。
・これまでの経験を生かして、貴社でも貢献できるように頑張りたいと思います。

面接では、自己PRやそれに関連するさまざまな質問がされます。「頑張ります」という表現は、就職への意欲を伝えるフレーズとしてはややカジュアルな印象を与えがちです。フォーマルな場面にふさわしい表現を工夫しておきましょう。

ビジネスシーン

【例文】

・プロジェクトの成功に向けて多くの成果を上げられるよう、チーム全体で努力してまいります。
・プロジェクトの成功に向けて多くの成果を得られるよう、メンバー共々頑張ってまいります。

・今後も学んだことを活かし、さらなる成長を目指して尽力いたします。
・今後も学んだことを生かし、さらなる成長に向けて頑張っていく所存です。

メールの難点は、文面だけでは取り組みへの熱意が伝わりにくいことです。対面では表情や声のトーンから気持ちを感じ取れますが、ビジネスメールでは相手の顔が見えません。そのため、気持ちが伝わるように文章を工夫する必要があります。

『頑張ります』の敬語表現

「頑張ります」は丁寧な表現ですが、ビジネスシーンでは少しカジュアルな印象を与えます。特に目上の方に対して使用するのは避けた方が良いでしょう。ここでは、適切な言い換え表現をいくつかご紹介します。

それぞれ異なる意味を持つため、状況に応じて使い分けましょう。使用例も参考にしてください。

尽力いたします

「特定のタスクに最善を尽くす」という意味です。大きな案件に対する意気込みを示す定型表現で、よく文章で使用されます。

使用例:

  • 大口契約を獲得するために尽力いたします。
  • トラブル解決に尽力いたします。

努めてまいります

「努める」は努力する、力を尽くすという意味で、「今後も努力を続ける」の丁寧な表現です。

使用例:

  • 今後も自己研鑽に努めてまいります。
  • 少しでも先輩のお役に立てるよう、努めてまいります。

全力を尽くす所存です

「持てる限りの力を出す考え」という意味です。上司などの目上の方から期待された時に応える形で使うことが多い表現です。

使用例:

  • プロジェクトの成功に向けて、全力を尽くす所存です。
  • 信頼回復のために全力を尽くす所存です。

メールの文章では、気持ちを伝えるのが難しいため、言葉の選び方に工夫が必要です。適切な表現を使って、あなたの意気込みをしっかりと伝えましょう。

一生懸命取り組みます

文字通り、「全力で真剣に取り組む」という意味です。もともとは「一所懸命」から派生した言葉で、ビジネスシーンでも使われます。

使用例:

  • ご期待に応えられるよう、真剣に取り組みます。
  • お客様の信頼を得るために真剣に取り組みます。

より一層励んでまいります

「これまで以上に頑張る」という強いニュアンスを丁寧に表現した言葉です。やや大げさな言い回しのため、口頭でなく文章で多く使われます。

【例文】

・これまでも取り組んできましたが、より一層励んでまいります。

・チームの力になるよう、より一層励んでまいります。

『頑張ります』の誤った言い方とその例

ここまで、「頑張ります」の例文とそれに代わる表現を紹介してきました。「頑張ります」は身近な言葉ですが、使い方を誤りやすいので注意が必要です。

ここでは、注意点と誤用例を確認して、正しい使い方を理解しましょう。

注意点

「頑張ります」はカジュアルな表現です。プライベートでは問題ありませんが、ビジネスでは使い方に気をつける必要があります。相手によっては、礼儀を欠いていると思われることがあるため、多用しないようにしましょう。

誤用例

よく見られる誤用例は「頑張らせていただきます」です。「〜させていただく」は相手の許可を得て行動する際に使用する表現なので、この使い方は適切ではありません。

頑張るかどうかは、相手ではなく自分で決めることです。社会人として、誤用しないように注意しましょう。

『頑張ります』の正しい使い方

「頑張ります」は多くの場面で使われる便利な表現ですが、誤用や相手に誤解を与えやすい言葉でもあります。そのため、ビジネスシーンでは上司など目上の人に対しては別の表現に言い換えると、より良い印象を与えることができます。

【「頑張ります」の主な言い換え例】

  • 尽力いたします。(最善を尽くす)
  • 努めてまいります。(今後も努力を続ける)
  • 全力を尽くす所存です。(自分が持てる限りの力を出す)
  • 一生懸命取り組みます。(命がけで真剣に取り組む)
  • より一層励んでまいります。(これまで以上に頑張る)

それぞれ意味が異なるため、シーンごとに使い分けましょう。

ぜひ、状況に応じた適切な表現を身につけ、より効果的なコミュニケーションを図ってください。

最後に

「頑張ります」という意味はそのままに、より具体的な言葉へと置き換えるのが適切でしょう。 例としては、「努力いたします」「全力を尽くします」「注力いたします」といった語句です。 そのほか、「精進いたします」「邁進いたします」「打ち込みます」など、「頑張ります」の類義語はたくさんあります。

コメント