年賀状を辞退して終わりにしたいときの文例!

生活

「年賀状を出すのも苦痛になってきたなぁ」

高齢者になればなるほど、誰だって一度はそう思いますよね。

だからといって、「年賀状をやめます」の一言がいいだせず、今年も苦労しながらなんとなく年賀状をだし続ける。

辞退するにしても、どんな文面にすれば失礼にならないのか、それに、どう思われるかも気になるからじゃないですか。

でも悩むことないです。

今年限りで年賀状を終わりにしたいと思う高齢者の方は結構いますから、あなたが気にするほどのことではありませんよ。

よく使われている年賀状辞退の文例をまとめました。

スポンサーリンク

高齢を理由にして今年限りでやめる文例

年賀状ー高齢者

高齢を理由に年賀状を辞退する場合は、相手にも理解してもらえやすいものです。

自然消滅させるのも一つの方法ですが、できれば最後となる新年の挨拶に、一言を添えて終わりにしたいものです。

辞退の一言によく使われる文句を集めました。

文例1
皆様におかれましてはお健やかに新春をお迎えのことと存じます
さて 私も高齢になり 手足の衰えを感じるようになりました
どなた様にも年賀状は今年限りで失礼いたしたいと思います
勝手ではございますが 今後も変わらぬおつきあいのほどお願い申し上げます
令和〇〇年 元旦

文例2
さて私も寄る年波には勝てず手元がおぼつかなくなりました
本年をもちまして どなた様にも年始のご挨拶状をご遠慮させていただこうと考えております
どうか悪しからず御了承いただけますようお願い申し上げます

文例3
毎年いただいておりました年始のご挨拶ですが、
私も寄る年波を感じるに至り 誠に勝手ながらどなた様にも今年をもちまして新年のご挨拶状をご遠慮させていただこうと考えております
今後も変わらぬお付き合いをお願い申し上げると共に、ご健康とご繁栄を心からお祈りいたします

文例4
さて 私も齢を重ねるにつれ文字の読み書きがつらくなってきました
今年をもちまして どなた様にも新年のご挨拶状を最後とさせていただきます
どうか悪しからず御了承いただけますようお願い申し上げます

文例5
さて私も、寄る年波を感じるにようになり 誠に勝手ながら今年をもちましてどなた様にも新年のご挨拶状を
ご遠慮させていただこうと考えております
今後も変わらぬお付き合いをお願い申し上げると共に、ご健康とご繁栄を心からお祈りいたします

文例6
毎年いただいておりました年始のご挨拶ですが
小生 寄る年波を感じるに至り 誠に勝手ながら
今年をもちまして どなた様にも新年のご挨拶状を最後とさせていただきます
今後も変わらぬおつきあいをお願い申し上げるとともに
皆様のご健康とご繁栄を心からお祈りいたします

文例7
私も高齢になり今まで通りのお付き合いも難しくなってまいりましたので
本年をもちましてどなた様にも年始のご挨拶を失礼いたします
勝手ではございますがなにとぞご容赦ください
皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしております

文例8
さて 私もよる年波には勝てず毎年の年賀状をしたためることも難しくなってまいりました
本年をもちまして どなた様にも年始のご挨拶状をご遠慮させていただこうと考えております
向寒のみぎり くれぐれもご自愛なさいますようお祈り申し上げます

文例9
毎年いただいていた年始のご挨拶について 私も寄る年波には勝てず
年賀状を書くことが難しくなってまいりました
本年をもちまして どなた様にも年始のご挨拶状をご遠慮させていただきます
今後も変わらぬお付き合いをいただければ幸いです
皆様のご健康とご繁栄を心よりお祈り申し上げます

年齢のせいにしたくなければ、こんな一言も使えます。

文例10
近年は何かと雑事に追われ年賀状の準備が困難になってまいりました
誠に勝手ではございますが今年をもちまして
どなた様にも新年のご挨拶状を最後とさせていただきます
今後はメールで近況報告などをさせていただけると幸いです
皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈りいたします

文例11
長年に渡りあたたかい賀状を賜りありがとうございます
恐縮でございますが時代の移り変わりもあり
皆様への毎年の年賀状は今年限りで失礼させていただくことになりました
誠に勝手ではございますが今後も変わらぬお付き合いをよろしくお願い致します

言葉の組み合わせでいくらでも文章はできます。

今年の年賀状には、自分にあった一言を添えてだしてはいかがですか。

スポンサーリンク

年賀状をやめるといいだせない人はどうする?

あっさりやめることができる人もいれば、どうしても「年賀状もうやめます」の一言がいえない人もいます。

だったら、うやむやに自然消滅させましょう。その方法は、

年賀状が届いても、返事もださずに放置しておくことです。

これが一番簡単な方法です。ただし、どう思われようとも構わないという人だけにしましょう。

さすがにそれはイヤなら、正月三が日を過ぎてから、年賀状ソフトで印刷したものをだしておきます。コメントはあえて何も書きません。

相手からすれば、

「こちらは元旦に到着するよう年賀状を出しているのに、正月3が日を過ぎてから明らかに返事として年賀状を出してきたのはもう年賀状の交換をやめたいと思われている?」

と理解して翌年からは送るのをやめてくれます。

それでも送ってくる人がいても、こんなことが2~3年も続けば、さすがに送ってこなくなります。

はっきりと年賀状辞退がいいだせないなら、この方法が一番簡単です。

スポンサーリンク

まとめ

「来年から年賀状での新年の挨拶を辞退させていただきます」

こんな一文を年賀状の挨拶に添える人が増えています。

理由は、高齢になったからが一番多く、長年親しんできた年賀状のやり取りについて考える人達が増えてきたということです。

惰性で形だけの年賀状をやり取りしていた人にとっては、朗報です。

今後は辞退する旨の年賀状を一度送ってしまえば、その後の気持ちが非常に楽になります。

これからは、年賀状を書く負担が減るわけですからね。

上手に年賀状を終わらせるためにも、文例は参考程度におさえて、自分の言葉で気持ちをつたえるようにしましょう。

コメント