手紙やはがきの宛名に添える語一覧!これを知っていれば大丈夫

言葉の意味や使い方

手紙やはがきをだすときには、宛名の下に
敬称という語を添えます。

この記事では、甚太郎が思う、

これさえ知っておけば実社会で困らない、
という敬称の一覧を作成しました。

スポンサーリンク

~様

もっとも広く一般的に使われている
敬称です。

ただし、

「様」は人名に添えて、敬意を表わす
語ですから、

宛名が個人名になっている場合にしか
使ってはいけません

山田〇〇 様
○○株式会社 営業部 山田様

と使います。

宛名が個人名になっていないのに、
次のように使うのは間違いです。

〇〇株式会社 様
〇〇株式会社 経理部 様
〇〇株式会社 人事課長 様

スポンサーリンク

~殿

「殿」は、(姓名・官職名につけて)
事務的な手紙や文書などで、
相手に対して用いる敬称です。

姓名につける場合は、「殿」と「様」
のどちらを使ってもいいのですが、

書信に「殿」が使われることは、
あまりないです。

ほとんどが、表彰状や感謝状の
たぐいに使われています。

表彰状
優勝 〇〇△△ 殿

「殿」の使いかたについては、
受け取る人の考え方がいろいろ
ありますから、

なるべく「殿」を使わずに、、
「様」が使えるような宛名書きに
するといいです。

スポンサーリンク

~御中

社会人であれば、もっとも目にする敬称
だと思います。

会社、官公庁、団体や組織宛に郵便をだす
場合は、宛名の下に「御中」を添えます。

〇〇株式会社 御中
〇〇株式会社 人事部採用担当課 御中

などとなります。

~各位

複数の個人に、同じ文面の手紙やはがきを
送る場合には、「各位」を使います。

ビジネス文書、社内メールや会議の案内状
など幅広く使われています。

関係者各位
町内会員各位
お客様各位

など。

「各位」の後ろには「様」とか「殿」は
つけません。

理由は、二重敬称となるからです。

~様方~様

下宿生活など、一時的に別世帯の家にいる
人宛に郵便物などをだす場合に使われる
宛名書きです。

(世帯主名)様方(受取人名)様
となります。

たとえば、

山田一郎さんの家にお世話になっている
佐藤太郎さんに送る場合は

山田一郎様方 佐藤太郎様
とかきます。

~気付~様

基本的に「~様方~様」と同じですが、
郵便を介してくれるのが、会社や団体など
のときには「~気付~様」を使います。

出張先の会社とかホテル経由で届けるとき
などにつかいます。

〇〇会社 気付 △△ 様
〇〇ホテル 気付 △△ 様

スポンサーリンク

宛、行

受取人を自分の名前にする、
返信用封筒や、返信はがきに使います。

(自分の名前)宛

あるいは

(自分の名前)行

とします。

「宛」と「行」の違いは特にありません。

相手に対して、自分がへりくだる意味で
使うのですが、

近頃では、「宛」や「行」を訂正してもらう
手間を、相手にかけさせるのは申し訳ないと
いう気持ちからか、

自分宛てであっても、「様」をつかっている
場合がまれにあります。

ただこれは、
例外中の例外と思っていたほうがいいです。

コメント