[御中とはどういう時に使うの?]使い方や意味を解説!

言葉

「御中(おんちゅう)」は、郵便物や電子メールで使用される、組織や集団への敬意を表す言葉です。

この言葉は、「組織のメンバー全員に」というニュアンスを含んでおり、名指しでなく、組織全体やそのメンバーを不特定多数として対象にする際に適した用語となっています。

この表現は、誰に受け取って(開封して)もらっても問題ないという時に有効です。

御中の使い方についてみていきます。

広告
広告

「御中」を使う理由は何ですか?

「御中」という表現には、「御」という敬称が含まれ、尊敬の念を込めています。

「様」も同じく敬意を表す際に使用される表現ですが、個人名に添える敬称です。。

宛名に個人名を書かないときには、「様」は使えませんので、様のかわりに「御中」の語を添えます。

これらの言葉を使うことで、相手への敬意を示すことができます。

ただし、返信用封筒などの宛名に、企業名書く場合は、「御中」を使わず、「行」の語を使用することが一般的です。

「御中」は、企業や団体、学校、店舗、その他の施設など、組織宛ての郵送物に付け加える敬称です。特に、特定の部署に対する郵便物や、受取人の氏名が不明な場合に、その部署の名称の後に加えて使用されます。

相手側が、「行」を消して、「御中」に書き直してくれます。

広告

「御中」はどのような状況で使用するのでしょうか?

封筒に宛名を書くときは、その手紙を開封して読んでもらいたい人の名前を書きます。

会社、団体宛であれば相手側の担当者名を書くものですが、誰宛にだせばいのかわからず、名前が書けない場合もあります。

また、その会社や団体の中の誰に読んでもらっても構わない内容の書面を送ることもありますよ。

御中を使うときは、こんなときなんですね。

ですから、

個人宛に出す封筒には「御中」は使えません。
ちゃんと名前はわかっているはずですから、「氏名+様」の形なります。

また、「御中」は組織内の「どなたか様、だれでもいいので読んでください」という意味合いでつけますので、郵便物などの宛名にしか使えません。

御中を使うときは、

その1.その会社の、どの部署の誰に出していいのかわからない場合です。

本当は担当者名を調べ、「会社名+部署名+担当者名+様」とするのが一番よいのですが、

送付人としては、「そこまでする必要を感じなかったと」いうことです。

そこで、

「そこにいる誰でもいい誰かさんが開封してください。」の意味合いで、

「会社名+御中」や

「会社名+部署名+御中」にするということです。

もう一つは、

その2.郵便物の内容からして、開封してもらいたい人を特定する必要がないから。

たとえば、企業・団体宛のダイレクトメールなんかも該当しますよね。

このような手紙などは、開封してくれる人は誰であってもいいんですから、

「会社名+御中」あるいは

「会社名+部署名+御中」

で郵送します。

広告

「御中」と「様」の使い方にはどのような違いがありますか?

これらの敬称は、受取人に対する敬意を示すために使用します。

「御中」は会社やその他の組織に対して、「様」は個々の人物に対して用いられます。

例えば、企業名と部署名しか知らない場合には「△△社 人事部御中」と記載し、特定の個人宛ての場合には「△△社 人事部 鈴木様」とするのが適切です。

個人の名前に「御中」を付け加えるのは不適切ですか?

「御中」を個人の名前に添えるのは、間違った使い方です。

「御中」は、団体や組織に対するものであり、特定の個人に対しては「様」を使うのが適切です。

さらに、礼儀を正したつもりで、「御中」と「様」を併用するのは、マナー違反であり、常識ある人からは笑われます。

文書の中で「御中」を使用するのは適切ですか?

「御中」は、送付物が「部署全体」宛てであることを示す際に宛名で使用されます。

個人宛ての文書や本文中での「御中」の使用は、正しい用法ではありません。

この言葉は、宛先が「部門全体」を指す場合の「宛名」にのみ適用されます。それ以外の使用法は誤りとされているため、注意が必要です。
>>手紙やメールの文中に会社名を入れるとき御中と様のどちらをつける?

メールでの「御中」の使用は可能ですか?

「御中」を、メールの宛名につける敬称として使うのは大丈夫です。

もちろん、宛名に個人名を書くときは、「御中」でなく「様」にしないといけません。

御中は、企業や団体などの集団に対して使用される敬称で、特定の個人を指さず、その組織の誰かに連絡を取りたい場合に適しています。

御中」の記述にスペースは必要ですか?

「御中」を使用する際、対象の会社名や組織名に直接続けて記述するのが一般的です。

ただし、会社名と「御中」の間にスペースを入れないで書くのは不適切です。適切な方法は、宛名の後に一字分を開けて「御中」の語を添えます。

個人経営者に「御中」は適切ですか?

個人事業主やフリーランスに対しては、「様」の敬称が適しています。

しかし、事業が屋号を有しており、その屋号を宛名にする場合には「御中」を添えるのが適切です。

広告

「御中」を使う際に注意したいこと

なんでもかんでも、会社・団体・部署宛などの宛名には「御中」をつければいいというわけではありません。

「御中をつけるのは、誰に開封されても問題のない郵便物を出すときに限られる」

ということです。

いくら担当者名がわからないからといっても、大事な書類を「宛名+御中」で送るのはマナー違反です。

誰あてに送ればいいのか調べてから、「担当者名+様」で送ります。

「宛名+御中」で出せば、

中で仕事をされている人へ」ということになります。

会社内の誰に開封され、読まれても文句は言えませんので、安易に「御中」をつけてはいけません。

御中の使用例

相手会社の規模にもよるでしょうが、「会社名+御中」だけではちょっと範囲が広がります。

一般的には、

  • 〇〇株式会社 総務部 御中
    (総務部の、どなたか担当者様へ)
  • 〇〇株式会社 総務部 人事課 御中
    (人事課、のどなたか担当者様へ)
  • 〇〇株式会社 営業部 食品課 御中
    (食品化の、どなたか担当者様へ)

と、会社名のあとに関連する部署名を書き、その下に「御中」をつけます。

その方が、開封してもらいたい誰かさんが誰になるのか、分かってもらえやすいです。

請求書を送るときは、「〇〇株式会社 御中」で送るより、

「〇〇株式会社 経理課 御中」で送ったほうが受け取る方も助かります。

封筒の表には、「請求書在中」の文字を入れておきましょう。

御中」は「おんちゅう」と読みます。

「中(なか)の人へ」を表す「中(なか)」に尊敬の気持ちを表す「御」がついたもので、

中(なか)にいらっしゃる人へ」という意味になり、その中にいる人に対する敬称となります。

「御中」を辞書でひくと、

個人宛でない郵便物をだすとき、その宛名の下に添える語

とあります。

会社・団体・部署宛などに郵便を出すときはには、宛名の下には「様」でなく「御中」をつけるんですね。

【関連記事】
>>御中と様の使い分けを実例で見る!担当者宛はどっち?
>>御中と様の両方を封筒の宛名に使用するのがダメな理由!
>>採用担当の宛名にかく敬称は様と御中のどちらにすべきか!

コメント